2018年01月15日

夢の実現

今回は、夢の実現です。


私は基本的にサバイバルゲームの方面を、メインで色々と楽しんでいますが、ようやく最近になりコレクションの幅を広げる事を考え始めました。

県内には色々な専門店がありますが、中南西方面のお店で押し売り詐欺の実害を受けそうになり、こんな犯罪まがいのお店もあるのか?と辟易していた時、地元で一人のコレクターさんに出会いました。

この方も私が迷惑を受けた専門店で、同じような経験をして見え、何回か話をしてみましたが知識の幅も広く、私の知らない方面に詳しいので、つい色々と質問などをしてしまいます。

地元の趣味事情、特にサバイバルゲーム関連は、かなり波があり、人が集まらない状況が増えてきたように感じます。
見知った方々で貸し切りにした場合は良いのですが、混成チームなどの場合、かなり確率で不正行為を行う方々が混ざりますね。

こんな状況では、地元の趣味は色々と困窮するばかりです。

私の知り合えた、コレクターさんも仰っていましたが、この趣味から多くのコレクターさんが離れてしまった経緯があるようです。
色々な理由がありますが、上記のような専門店で大なり小なり詐欺行為に合われた方々が軒並み趣味を止めたようですね。

自己努力なしに、都合が悪くなれば全て他人のせいにする。

私も押し売り被害を受けた専門店で、実名を挙げ店内で一個人を誹謗中傷している場面に出くわしたことが有りましたが、何とも気分の悪い思いをしましたね。

まさか!?ですが、その時誹謗中傷されていたご本人と、知り合うとは思いませんでしたね。

何と言うか、噂と事実はかなり異なりますね、専門店がする事の範疇を越えています、まるでチンピラのする所業です、まあ、そんなお店に未だに出入りしている人間も、大なり小なりほぼ同類でしょう。


私は幸い、それほど被害もなく離れることが出来ましたが、あんな場所にはこれ以上関わらない事が得策ですね。

私の知り合えたコレクターさん、便宜上Yさんとしましょうか。

Yさんは、地元での行動をあきらめ、県外のイベントに行くようになったようですね、私も知っているタニオコバ社長の小林太三さんとお会いになったとか?

MGCの製品で遊んだことが有る人間なら、名前位は知っている人も多いと思います。

いいですね、ご自身の趣味の方向性?をあれこれ考えて、行動された結果今では大変楽しい時間を過ごして見えるようです。
何とも羨ましい限りですね。

私も色々とありましたが、今では落ち着いていますので狭い範囲ですが、趣味関連の行動をしていました、そんな折にYさんと出会えたわけです、何と言うか運命?的な物を感じますね。


一つの専門店で、人間不信?になるような他人をだますやり方を未だにしている所があると言う事は、何とも憤りを感じますが、そんな場所はさっさと縁を切り、違う方法を考えた方が良いでしょうね。


何も物を買う方法は、一つではありませんし、故障の際でも修理の方法はいくらでもあります、また、ゲームフィールドも色々とありますから、何も全てをあきらめる事は無いでしょう。

まあ、地元での趣味関連の活動は、ボチボチと進める事にします。

幸いYさんのような方とも知り合うことが出来ましたし、これからの展望は様々にありますからね。
ああししたい、こうしたいと、夢?を見る事は誰しもあるかと思いますが、諦める事は無いようです。

Yさんも仰ってましたが、「可能性は諦めなければいくらでも自身のそばにある。」、全くその通りですね。

勇気を持って行動すれば必ず結果は付いてきます、地方の片田舎の専門店で誹謗中傷されたり、押し売り詐欺に合ったりしても、そんなものは些細な事です。

私も、その辺の事を経験しましたが、仲間とたまに出向くゲームは楽しい物です。

私やYさんのようには行かない方々も見えるかも知れませんが、全てを嫌になって諦める事は無いと思います。

趣味は楽しんでこそです、私も新たなカテゴリー?を色々勉強したいと思います。








  


Posted by とある講師  at 22:29Comments(4)その他

2018年01月14日

MGC カスタムシリーズ3

今回は、MGCカスタムシリーズ3 です。


次々と数を増やして行くMGCのガスガンのシリーズですが、G17のGBBの制作発表と共に、バリエーション展開も収束を向かえます。
その頃になると、既存のモデルとは嗜好の異なるモデルが、少数で発売される事となります。

そんな過渡期に、発売されたモデルも存在します、いずれも専門誌などの広告にわずかに掲載されたのみで、相対数としてはかなり少ないようですね。

今となっては、リサイクルショップ、オークションなどでその姿を見ることが出来ます。

































それなりに販売数はあったはずなのですが、かなり見かける機会が当時でも少なかったように思います。













今となっては、コレクターアイテムですが、こうしたバリエーションは今となっては、歴史にうずもれた遺産?みたいになっていますね。

































元々ピンポインターが6.5インチ近くありましたので、ホルスターを選ぶと言う事で、機能はそのままに5インチにしたのが今回のM645クイックセイフティーカスタムになります、もう少し登場が早ければ活躍の場が広がったのかも知れませんね。




  


Posted by とある講師  at 10:38Comments(0)エアガン・ハンドガン

2018年01月07日

MGC カスタムシリーズ2

今回は、MGCカスタムシリーズ2 です。


MGCが通常品とは異なるカスタムモデルを、バリエーション展開していましたが、通常品と異なる仕様は見た目だけでない物が含まれ感じることが出来ましたね。

MGC独自の解釈で形になった物が多かったのですが、納得できるデザインにセンスを感じます。

まあ、サバイバルゲームの場面では、そのほとんどを見る事はできませんでしたが、コレクション、競技に置いては多分に影響があったようです。
































MGCのM645、M745のバリエーションモデルの、ピンポインターになります。
最大の特徴は、セイフティー・レバーがフレームに装備された事でしょうか?













価格もありましたが、当時憧れ?がありましたね、今の知識や主観で見てみてもかなり凝った内容であるように思います。
当時なら、削り出しの部品だけで10000円する物もありましたからね。





  


Posted by とある講師  at 22:49Comments(2)エアガン・ハンドガン